大阪府・OFIXによる災害時の多言語支援体制

 大阪府とOFIXでは、大規模災害時における府内在住の外国人に対する支援を円滑に行うため、大阪府災害時多言語支援センターを設置することについて、協定を締結しています。
 この協定に基づき、発災後、大阪府とOFIXが共同でセンターを設置し、運営します。

【 災害時多言語支援センターの主な役割 】
・行政機関等が発信する災害情報などを集約・整理した後、翻訳作業を行い、
 順次、多言語でOFIXフェイスブックに掲載

・外国人被災者からの問い合わせやさまざまな相談に、多言語で対応
 ⇒多言語による電話相談
  通常の大阪府外国人情報コーナー(☎06-6941-2297 相談専用電話)とは
  異なった電話番号を使用します(予定)。
  (電話番号は、センター開設時にOFIXフェスブックでお知らせ)


  ~大阪府災害時多言語支援センターのイメージ図~ ※大阪府内で発災した場合

「平成28年度大阪府災害時多言語支援センター運営訓練」実施
 平成29年1月17日(火)、大阪府災害時多言語支援センター(以下、センター)運営訓練を実施しました。
 大阪府と共同で実施しているこの訓練は、大規模災害時に設置するセンターの運営をより円滑に進められるよう行っているものです。大阪府をはじめ、地方公共団体、国際交流協会及び近畿地域国際化協会の職員が参加しました。
 災害時に外国人へ提供する情報の整理、選別、多言語化(翻訳)、情報発信の訓練に加え、今回は初めて、「外国人電話相談」の訓練も実施しました。
 前半の講義に続き、後半は(特活)多文化共生マネージャー全国協議会副代表の高木氏を講師としてお招きし、実地訓練を行いました。
 最後の振り返りでは、訓練で「出来たこと」、「出来なかったこと」を整理し、新たな課題を見出すことができた訓練となりました。


災害時外国人支援体制の確立に関するOFIX事業

【OFIX主催事業】(平成28年度)
実施日 事業名
6月18日 災害時通訳・翻訳ボランティア研修(基礎編)
6月25日 留学生のための総合防災訓練
9月3日 災害時通訳・翻訳ボランティア研修(応用編)
8月30日 講演会「災害時外国人支援について考える 熊本地震における実績と課題」
9月6日 高等教育機関留学生担当者ワークショップ
1月17日 大阪府災害時多言語支援センター運営訓練

【市町村・市町村国際交流協会等との共催事業】(平成28年度)
事業名 市町村・国際交流協会名
大阪市立阿倍野防災センター見学ツアー~日本語学習から実地体験へ!~ (公財)吹田市国際交流協会
多文化共生フォーラムとよなか2017 大規模災害時における外国人支援~今後のめざすべき方向とは (公財)とよなか国際交流協会
市民と在住外国人のふれあい交流 茨木市国際親善都市協会
外国人市民向け防災体験バスツアー 地震・防災を体験しよう! (特活)とんだばやし国際交流協会
外国人住民のための防災講習会 堺市国際課
災害発生時の外国人サポート 和泉市人権・男女参画室、和泉市国際交流協会

※平成24年度~27年度の実績はこちら。

【外国人のための防災ガイド】
 外国人住民の方が、地震に備えて普段から準備しておくこと、地震が起きた時の身の守り方等について、9言語(英
 語、中国語、韓国・朝鮮語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語、フィリピン語、タイ語、日本語)でガイド
 ブックにまとめています。

プリントアウトはこちらから↓
 英語  中国語  韓国・朝鮮語  ポルトガル語  スペイン語   
 ベトナム語  フィリピン語  タイ語  日本語