OFIXと大東市は共催で「外国人一日相談会」を12月18日(日)に大東市立生涯学習センターで開催します。
OFIXでは大東市と共催で「外国人一日相談会」を下記の要領で開催します。お気軽にお越しください。当日は国際交流フェスタが同時開催されます。秘密厳守、相談無料
事業名 外国人一日相談会
日 時 平成28年12月18日(日曜日)午前10時~午後4時
場 所 大東市立生涯学習センターアクロス
(大東市末広町1-301 ローレルスクエア住道サンタワー内)最寄駅:JR住道駅
相談内容 在留資格、法律、年金、仕事、労働、税金、健康保険、生活一般
言語対応 英語、中国語、ベトナム
問合せ (公財)大阪府国際交流財団 電話:06-6966-2400


  11月23日(水・祝)「第19回 ふれあい交流祭り」を開催します!
関西国際センター研修生交流支援協議会(岸和田以南の国際交流団体10団体及びOFIXで構成)は国際交流基金関西国際センターとの共催で、「第19回 ふれあい交流祭り」を開催します。

当日は、研修生による自国紹介ブースのほか、関西国際センター研修生交流支援協議会加盟団体による折り紙、書道、ヨーヨー釣り、茶道、タオルの子熊作り、着付などのブースが出展されます。また、各国の民族衣装によるファッションショーや居合道体験発表会などのイベントが行われます。

詳細については国際交流基金関西国際センターのHPをご覧ください:
http://www.jfkc.jp/ja/news/2016/10/1123-8.html
日 時 2016年11月23日(水・祝) 13:00~16:00
会 場 国際交流基金関西国際センター
住 所 大阪府泉南部田尻町りんくうポート北3-14
最寄駅 JR関西空港線および南海空港線「りんくうタウン駅」または南海本線「吉見ノ里駅」
*「りんくうタウン駅」から会場センターまでは無料シャトルバスを運行。
*駐車場あり。(当日は込み合うことが予想されます)
入場料 無料
お問合せ先
(事務局)
NPO熊取町国際交流茶友会
大阪府泉南郡熊取町紺屋1-15-1
TEL & FAX: 072-451-3070 (担当:瀬井(セイ))


  「災害時通訳・翻訳ボランティアなるほどガイド」韓日版を新たに作成し、英日版、中日版を改訂しました。
 OFIXでは、災害時通訳・翻訳ボランティアの育成・制度の拡充に努めています。
 2015年3月に作成した、ボランティア研修時のテキストとして活用する「災害時通訳・翻訳ボランティア なるほどガイド」の英日版、中日版にひき続き、新たに韓日版を作成しました。
 また、英日版、中日版を改訂しました。
 ダウンロードはコチラ ⇒ 「災害時通訳・翻訳ボランティアなるほどガイド

  OFIXと四條畷市は共催で「外国人のための相談会」を11月25日(金)に四條畷市市民総合センターで開催します。
OFIXでは四條畷市と共催で「外国人のための相談会」を下記の要領で開催します。お気軽お越しください。秘密厳守、相談無料
事業名 外国人のための相談会
日 時 平成28年11月25日(金曜日)午後5時30分~午後9時(受付は午後8時まで)
場 所 四條畷市市民総合センター3階 会議室4(四條畷市中野3-5-25)
最寄駅:JR忍ケ丘(しのぶがおか)駅
相談内容 在留資格、生活、国民健康保険、国民年金、労働、人権、教育等
言語対応 英語、中国語、ベトナム語、スペイン語、フィリピン語
問合せ (公財)大阪府国際交流財団
電話:06-6966-2400


  OFIXと忠岡町は共催で「特設外国人相談コーナー」を11月13日(日)に忠岡町民グラウンドで開催します。
OFIXでは忠岡町と共催で「特設外国人相談コーナー」を下記の要領で開催します。当日は忠岡町商工カーニバルと同時開催します。秘密厳守、相談無料
事業名 特設外国人相談コーナー
日 時 平成28年11月13日(日曜日)午前9時~正午
場 所 忠岡町民グラウンド (忠岡町役場西側・忠岡町商工カーニバル特設会場)
最寄駅:南海本線 忠岡駅
相談内容 在留資格、労働、福祉、生活等
言語対応 英語、中国語、インドネシア語
問合せ (公財)大阪府国際交流財団
電話:06-6966-2400


 独立行政法人 国際協力機構(JICA)
2016年度JICAボランティア秋募集のお知らせ
 独立行政法人 国際協力機構(JICA)では、開発途上国からの要請に基づき、それに見合った技術・知識・経験を有し、「開発途上国の人々のために生かしたい」と望む方を派遣するJICAボランティア事業を実施しています。JICAボランティアの活動分野は農林水産、保健衛生、教育文化、スポーツ、計画・行政など多岐にわたり、自分の持っている知識、技術、経験などを生かせるのが特徴です(派遣期間は原則2年間)。
■応募資格
・青年海外協力隊、日系社会青年ボランティア
 満20歳(2017年4月1日時点)から満39歳(2016年11月4日時点)の日本国籍を持つ方
 詳しくはこちらhttp://www.jica.go.jp/volunteer/application/seinen/
・シニア海外ボランティア、日系社会シニア・ボランティア
 満40歳から満69歳(2016年11月4日時点)の日本国籍を持つ方
 詳しくはこちらhttp://www.jica.go.jp/volunteer/application/senior/

■募集期間
2016年9月30日(金)~2016年11月4日(金)〔必着〕
各地で説明会開催! 関西での日程・会場の詳細はこちら
http://www.jica.go.jp/volunteer/seminar/kansai/

お問い合わせ先:JICA関西 ボランティア担当 TEL 078-261-0341
JICAホームページアドレス:http://www.jica.go.jp/



  留学生のキャリアカウンセリング 参加者募集!
下記のとおり、2017年大学等卒業予定の外国人留学生を対象にキャリアカウンセリングを「OSAKAジョブフェア」会場内にて共同開催します。是非ご参加ください!
就職に関する相談や、行政書士による在留資格に関する相談等に対応します。
日 時:平成28年9月26日(月曜日) 10時~16時
会 場:ハービスホール(ハービスOSAKA 地下2階)
対象者:2017年大学等卒業予定の外国人留学生(既卒3年以内含む)
参加費:無料
参加予約等:
   キャリアカウンセリングへの参加予約不要
   ただし、「OSAKAジョブフェア」への参加予約は必要です。
   下記URLよりご予約ください。
   http://osakajobfair.com/event/detail/osakajobfair926.php
問い合わせ先:
   (公財)大阪府国際交流財団 企画推進課 担当:島田
   電話番号 06-6966-2400 ファックス 06-6966-2401
   Eメール ShimadaNo@ofix.or.jp

  高等教育機関留学生担当者防災ワークショップ 参加者募集!
下記のとおり府内大学等の留学生担当者を対象としたワークショップを開催することとなりました。是非ご参加ください!
日時 平成28年9月6日(火曜日) 14時~16時30分
講演 災害時留学生支援の取り組みと課題解決に向けて
講師 一般財団法人自治体国際化協会 地域国際化推進アドバイザー
東村山市市民部 市民相談・交流課 多文化共生係 相談員 杉田 理恵 氏
意見交換 外国人と留学生への防災についての具体的な取り組み方とその課題解決
会場 マイドームおおさか 8階 第6会議室
大阪市中央区本町橋2-5
対象者 府内大学等留学生担当者等
申込等 別紙申込書にご記入のうえ、8月29日(月曜日)までにファックスまたはEメールにてお申込みください。
申込書はこちら (Wordファイル/56KB  PDFファイル/61KB

申込み・問い合わせ先
 (公財)大阪府国際交流財団 企画推進課 担当:島田、野崎
  電話番号 06-6966-2400 ファックス 06-6966-2401
  Eメール ShimadaNo@ofix.or.jp

  「平成28 年度災害時通訳・翻訳ボランティア研修(応用編)」の受講者を募集します。
講座名 平成28年度災害時通訳・翻訳ボランティア研修(応用編)
概要 OFIXでは災害時通訳・翻訳ボランティアの方々の平常時の活動として、在住外国人の方々への防災啓発活動(避難所体験訓練、防災訓練等)時の通訳・翻訳活動等を提供しています。今回の研修では、津波・高潮ステーションを会場に、防災啓発に係る模擬通訳を実施します。
対象者 ①日本語から外国語、外国語から日本語の通訳ができる方
②OFIX災害時通訳・翻訳ボランティアに登録されている方もしくは登録していただける方
日程 平成28年(2016年)9月3日(土曜日)  午前・午後 各1回の計2回に分けて実施
午前の部 10時30分~12時30分    午後の部 13時30分~15時30分
【希望時間帯を選択可能。ただし、ご希望に添えない場合があります。】
場所 津波・高潮ステーション 大阪市西区江之子島2-1-64  Tel. 06-6541-7799
募集定員 約30名 (各部15名)
※希望者多数の場合は、抽選となります。
※参加の可否については、平成28年8月24日(水曜日)までにお知らせします。
募集締切 平成28年8月15日(月曜日)必着
※申込書を送付いただいてから7営業日以内に連絡がない場合は、申込書が到着していない可能性があります。必ずお問い合わせください。
参加費 無料
その他 その他、詳細については参加者募集要項(PDF/233KB)をご確認ください。
申込方法 申込書(PDF/148KB)(WORD/73KB)にご記入のうえEメール、FAX又は郵送で下記までお申し込みください。
〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-5 マイドームおおさか5階
(公財)大阪府国際交流財団 企画推進課 担当:吉川
Tel:06-6966-2400 Fax::06-6966-2401
Eメール : info@ofix.or.jp

  (独)国際協力機構関西国際センター、(公財)大阪国際交流センターとOFIX共催で
  8月4日、「開発教育・国際教育セミナー2016 入門・プログラム体験編」を開催します。
 8月4日、「開発教育・国際教育セミナー2016 入門・プログラム体験編」、(独)国際協力機構関西国際センター(JICA関西)、(公財)大阪国際交流センター(アイハウス)と(公財)大阪府国際交流財団(OFIX)との共催で開催されます。
 分科会の「使わな損ソン!共催団体お役立ち情報」では、共催3団体が体験ワークショップを行い、学校現場ですぐに活用できる情報を紹介します。その中でOFIXは、オーストラリア人国際交流員がOFIXの事業である「国際理解教育」の模擬授業を実施します。

 ■日時:8月4日(木曜日) 10:00~17:00 (分科会:13:30~15:30)
 ■場所:JICA関西(神戸市中央区)
 プログラムの詳細、参加申し込み方法については、下記をご覧ください。(7月28日締切)
  ⇒http://www.jica.go.jp/kansai/event/2016/160623_01.html

  JICA関西 開発教育・国際教育セミナー2016 入門・プログラム体験編参加者募集中!
JICA関西 開発教育・国際教育セミナー2016 入門・プログラム体験編参加者募集中!
(大阪府教育センター国際教育研修・オープン講座 併催)
日 時:8月4日(木)10時~17時
会 場:JICA関西
共 催:(独)国際協力機構関西国際センター、(公財)大阪府国際交流財団、(公財)大阪国際交流センター
後 援:大阪府、大阪府高等学校国際教育研究会、大阪市教育委員会、日本国際理解教育学会、(特活)関西NGO協議会
協 力:(特活)開発教育協会 DEAR大阪、(特活)フリー・ザ・チルドレン・ジャパン、関西NGO大学

 グローバル化した社会の中で、アクティブ・ラーニングを導入しながら、世界中にある開発課題を主体的に考えるための手法やヒントを学べるセミナーです。
 授業ですぐに使える教材や手法をたくさんご紹介します。アクティブ・ラーニングの導入を考えている方は是非ご参加ください。

※このセミナーは、大阪府教育センターの教職員自主研修支援「大学専修学校等オープン講座(主催者番号:502)」です。
※このセミナーは、大阪府教育センター主催「国際教育研修(研修番号2532)」と併催です。「国際教育研修」としての受講をご希望の方は、申込み方法をご参照ください。

参加費:無料 ※事前申込み要
定 員:70名(先着順で受付)
対 象:教職員、学生、開発教育・国際教育に関心のある方
申込締切:7月28日(木)必着
申込み方法:
   氏名(フリガナ)・所属・連絡先(電話番号/メールアドレス)・参加時間帯
   (全日・AMのみ・PMのみ)・参加を希望する分科会(第1・第2希望)を明記のうえ、
   FAXまたはメールでお申込みください。お電話でのお申込みは受け付けません。
申込み先:
   JICA関西市民参加協力課 「開発教育・国際教育セミナー」担当宛
   FAX:078-261-0357  E-mail:jicaksic-kaihatsu@jica.go.jp
   メールでお申込みの場合は、件名に「開発教育・国際教育セミナー参加希望」と明記してください。

※先着順としますが、申込状況によりご希望に添えない場合がありますので、ご了承ください。受講の決定したプログラムは調整後にお知らせします。
※ご記入いただいた個人情報を共催、協力団体において、本セミナーの実績取りまとめやデータ作成、セミナー・イベント等の情報提供のために利用させていただきます。今後の情報提供を希望しない方は、申込み内容と合わせて『情報提供を希望しない』と明記してください。
※大阪府教育センター課題別研修「国際教育研修(研修番号2532)」としての受講を希望される場合は、同センターの研修案内申込方法に従って、お申込みください。

問い合わせ:
   JICA関西 市民参加協力課 「開発教育・国際教育セミナー」担当
   住所:〒651-0073神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2
   TEL:078-261-0384(直通)
   (問い合わせ受付時間:土日・祝日を除く、10時~12時30分/13時30分~17時)
   E-mail:jicaksic-kaihatsu@jica.go.jp

  JICAブース【世界の民族衣装を着てみよう!】を「いずみワールド・フェスティバル」に出展します!
JICAブース出展【世界の民族衣装を着てみよう!】inいずみワールド・フェスティバル
日時:2016年6月5日(日)午前11時から午後3時まで
会場:大阪府和泉市役所 正面玄関前 駐車場
   最寄り駅:JR阪和線「和泉府中」駅から徒歩8分
イベント概要:
いずみワールド・フェスティバルにJICAブースを出展します!
JICA事業に関する資料等の設置・配布のほか、民族衣装を着られる体験コーナーも設置!世界の国々の衣装を着て、その国の国旗やあいさつなどを学びながら楽しめるブースになっています。こどもからおとなまで、たくさんの方のご来場をお待ちしております!

参加費:無料 ※事前申込み不要

お問い合わせ:JICA関西 大阪デスク 森田
       大阪市中央区本町橋2番5号マイドームおおさか5階
       (公財)大阪府国際交流財団内
       TEL:06-6966-2400 FAX:06-6966-2401
       E-mail:osaka-desk_morita@friends.jica.go.jp
       [問合せ受付時間:土・日・休日を除く 9時から12時まで/13時から17時30分まで]

昨年のブースの様子

  公益財団法人大阪府国際交流財団 企画員を募集します。
 公益財団法人大阪府国際交流財団では、次のとおり企画員を募集します。
募集人員 業  務 応募申込期限 その他
企画員 1名 1)大阪府海外短期建築・芸術研修生招聘事業の推進
2)英語・日本語による外国人からの相談や情報提供に応じる業務
3)その他大阪府国際交流財団が必要とする業務
平成28年6月24日(金)
17時45分必着

※受付時間 9時15分~17時45分、土・日・祝日を除く
①募集要項
②原稿用紙
(日本語用)
③原稿用紙
(英語用)
※応募資格や応募方法、雇用条件等は募集要項をご覧ください。

  「平成28年度災害時通訳・翻訳ボランティア研修(基礎編)」の受講者を募集します。
講座名 平成28年度災害時通訳・翻訳ボランティア研修(基礎編)
対象者 大阪府内に在住されている外国人の方々が、安心して暮らせるように、外国人支援の一環として、外国語通訳ボランティアの人材の育成は不可欠です。また災害の多い国に共に暮らすうえで、平時はもちろん、災害時における多言語支援体制の整備も求められています。今回は特に災害時に活躍していただけるボランティアの育成を目的として、研修を行います。
対象者 ① 日本語から外国語、外国語から日本語の通訳ができる方
② ボランティアとして活動したい方
③ 講義の全てに参加できる方
④ OFIX災害時通訳・翻訳ボランティアに登録いただける方
日程 6月18日(土)10:30~16:00
場所 大阪市中央区本町橋2-5 マイドームおおさか 8階 第6会議室
募集定員 30名程度
※希望者多数の場合は、抽選となります。
※参加の可否については、平成28年6月10日(金)までにお知らせします。
募集締切 平成28年6月6日(月)必着
※申込書を送付いただいてから7営業日以内に連絡がない場合は、申込書が到着していない可能性があります。必ずお問い合わせください。
参加費 無料
その他 その他、詳細については募集案内(PDF)をご確認ください。
申込方法 申込書(PDF)(WORD)にご記入のうえ、E-mail、FAX又は郵送で、下記までお申し込みください。
〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-5 マイドームおおさか5階
(公財)大阪府国際交流財団 企画推進課 担当:吉川
Tel:06-6966-2400 Fax:06-6966-2401
E-mail info@ofix.or.jp


  留学生等のための総合防災訓練~災害体験訓練~参加者募集!
府内在住・在学の留学生や留学生ご担当者等を対象に、災害体験訓練を下記のとおり開催します。
日時 2016年6月25日(土) 10:00~13:15
会場 大阪市立阿倍野防災センター
内容 災害体験:地震体験、初期消火・119番通報体験等
講義:地震発生時の対応について
ワークショップ:地震発生時の行動について
募集定員 留学生等、大学等の留学生ご担当者 30名
申込締切 2016年6月17日(金)(定員に達し次第締め切ります。)


  外国人のための一日インフォメーションサービスを6月26日(日)に開催します。
外国人のための一日インフォメーションサービスを下記の要領で開催します。
日時 平成28年6月26日(日)11:00~17:00(受付は16:30まで)
場所 大阪国際交流センター 2階(大阪市天王寺区上本町8-2-6)
内容 法律、人権、出入国・在留(ビザ)、労働、職業、保険年金、生活、市政、
税金、医療、歯科、薬剤、進学、子育て、その他生活のこと
言語対応 英語、中国語、韓国・朝鮮語、スペイン語、ポルトガル語、インドネシア語、
タイ語、フィリピン語、ベトナム語、ネパール語
相談費用 無料
その他 予約不要
秘密は守ります
お問い合わせ (公財)大阪府国際交流財団 企画推進課
電話:06-6966-2400
E-mail:info@ofix.or.jp


  H28年度 コミュニティ通訳(翻訳)ボランティア育成・活動促進事業共催事業の実施について
大阪府に暮らす外国人の方は約21万人を超え、その国籍も約160カ国と様々です。
この事業では、外国人の受入環境整備の一環として、地域における多言語サービスを円滑に提供するため、市町村国際交流協会等とともに、コミュニティ通訳ボランティアの育成・活動促進を図ることを目指します
  1. 対象事業
    コミュニティ通訳・翻訳に関する内容で、次に掲げる各号の全てに該当する事業について、市町村や市町村国際交流協会等と共同で開催する。ただし、やさしい日本語を基本にした事業においては、対象外とする。
     (1)語学ボランティアを対象とした事業であること
     (2)多言語支援を目的とした事業であること
     (3)参加者のうち希望する者には、財団のボランティア登録案内をすること
  2. 予算(財団負担分)
    予算については、各事業の業務分担、研修の内容、全体経費等に応じて、上限10万円とします。
    予算の算出については、参考資料をご覧ください。
  3. 事業計画書及び報告書の提出
    共催事業実施にあたり、共催希望がございましたら、事業実施の3ヶ月前までにご相談ください。
    また、原則として開催日の1か月前までに、共催事業計画書等(様式1・2)をご提出ください。
    事業終了後は、速やかに共催事業実施報告書等(様式3・4)をご提出ください。
    必要な場合には、共催負担金請求書(様式5)も一緒にご提出ください。

    様式は下記よりダウンロードしてください。
     共催事業計画(様式1
     共催事業予算書(様式2
     共催事業報告書(様式3
     共催事業決算書(様式4
     共催負担金請求書(様式5
     共催事業変更の届出書(様式6
    ※PDFファイルでのダウンロードはこちら(様式1~6
詳細は「コミュニティ通訳(翻訳)ボランティア育成・活動促進事業 共催事業実施要綱」をご覧ください。
過去の実績はこちらからご覧ください。

<提出先・お問い合わせ先>
 企画推進課 担当:吉川
 〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-5 マイドームおおさか5階
 TEL:06-6966-2400 FAX:06-6966-2401
 E-mail:info@ofix.or.jp


  OFIX共催事業(防災)
平成28年度 外国人市民及び災害時通訳・翻訳ボランティアのための防災・災害時訓練共催事業の実施について
当財団では、災害時の外国人支援体制の確立を目指し、外国人市民や留学生の方に対して避難所体験や、災害時通訳・翻訳ボランティアや国際交流協会職員向けの災害時多言語支援センター設置・運営訓練などを行ってきましたが、やはり防災力の鍵になるのは、地域連携であると考えます。
この事業では市町村や地域の国際交流協会等とともに防災事業を実施することで、地域に根差した災害時外国人支援を推進し、更なる地域力・防災力の向上を目指します。
  1. 事業内容
    この事業では市町村や地域の国際交流協会等とともに防災事業を実施することで、地域に根差した災害時外国人支援を推進し、更なる地域力・防災力の向上を目指します。
     (1)外国人住民を対象に、災害時の対処方法等を啓発する防災訓練
      (外国人の参加割合が概ね2割を占める事業であること)
     (2)災害時に外国人を支援するボランティアの研修
      (参加した語学ボランティアのうち希望する者には、近畿地域国際化協会連絡協議会の運営する
       災害時通訳・翻訳ボランティア制度への登録案内をすること)
     (3)上記(1)及び(2)を連携させて実施する総合防災訓練
     (4)その他、被災時外国人支援体制の構築に必要と思われる事業
  2. 予算(財団負担分)
    予算については、各事業の業務分担、研修の内容、全体経費等に応じて、上限10万円とします。
    予算の算出については、参考資料をご覧ください。
  3. 事業計画書及び報告書の提出
    共催事業実施にあたり、共催希望がございましたら、事業実施の3ヶ月前までにご相談ください。
    また、原則として開催日の1か月前までに、共催事業計画書等(様式1・2)をご提出ください。
    事業終了後は、速やかに共催事業実施報告書等(様式3・4)をご提出ください。
    必要な場合には、共催負担金請求書(様式5)も一緒にご提出ください。

    様式は下記よりダウンロードしてください。
     共催事業計画(様式1
     共催事業予算書(様式2
     共催事業報告書(様式3
     共催事業決算書(様式4
     共催負担金請求書(様式5
     共催事業変更の届出書(様式6
    ※PDFファイルでのダウンロードはこちら(様式1~6
詳細は「外国人市民及び災害時通訳・翻訳ボランティアのための防災・災害時訓練共催事業実施要綱」をご覧ください。
過去の実績はこちらからご覧ください。

<提出先・お問い合わせ先>
 企画推進課 担当:吉川
 〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-5 マイドームおおさか5階
 TEL:06-6966-2400 FAX:06-6966-2401
 E-mail:info@ofix.or.jp


  「平成28年熊本地震」に伴う外国籍住民支援のため、OFIX職員を派遣します
「平成28年熊本地震」に伴う外国籍住民の支援のため、熊本県国際協会及び一般社団法人熊本市国際交流振興事業団から支援依頼を受けた、特定非営利活動法人 多文化共生マネージャー全国協議会からOFIXに協力依頼がありました。この依頼を受け、多文化共生マネージャーであるOFIX職員1名を派遣いたします。
〈派遣概要〉
1 派遣する職員
  多文化共生マネージャー認定を受けたOFIX職員 1名

2 派遣場所
  熊本市国際交流会館

3 派遣期間
  平成28年4月26日(火曜日)から28日(木曜日)

4 活動概要
  一般社団法人熊本市国際交流振興事業団が行う外国人支援活動の業務補助
  (外国人からの問い合わせ対応、会館での通訳、情報の多言語化等)

詳細はこちら
 特定非営利活動法人 多文化共生マネージャー全国協議会ホームページ
 http://tabumane.jimdo.com/

※多文化共生マネージャーとは
(一財)自治体国際化協会では、平成18年度から(公財) 全国市町村研修財団 全国市町村国際文化研修所と共催し、地域での多文化共生推進の中核を担う人材育成事業に取り組んでいます。多文化共生にかかる各種施策の企画・立案や具体的な事業展開に必要な知識やスキル等を習得するための「多文化共生マネージャー養成講座」を実施しており、これを修了し、認定された多文化共生マネージャーは、平成28年度1月現在396名です。

  JICAブース出展【アフリカ布で工作】inはびきの市民フェスティバル
JICAブース出展【アフリカ布で工作】inはびきの市民フェスティバル
日時:2016年5月5日(祝・木曜日)午前9時から午後4時まで
会場:はびきのコロセアム(南恵我ノ荘4丁目237-4)

イベント概要:JICA事業やJICAボランティアに関する資料等の設置・配布をはびきの市民フェスティバルにおいて実施します。羽曳野市出身のボランティアの活動写真展示の他、子どもからおとなまでより多くの人に、JICAや開発途上国を身近に感じていただけるよう、カラフルなアフリカの布を使った工作コーナーもご用意しています。ぜひJICAブースにお立ち寄りください。お待ちしています!!

参加費:無料 ※事前申込み不要

お問い合わせ:JICA関西 大阪デスク 石田 さやか
       大阪市中央区本町橋2番5号マイドームおおさか5階
       (公財)大阪府国際交流財団内
       TEL:06-6966-2400 FAX:06-6966-2401
       E-mail:osakafu-desk_ishida@friends.jica.go.jp
       [問合せ受付時間:土・日・休日を除く 9時から12時まで/13時から17時30分まで]

アフリカ布を使ったしおり

昨年のブースの様子

  OFIXニュースをリニューアルし、78号を発行しました。
 平成28年度を迎え、OFIXニュースを刷新し、78号を発行しました。内容は、OFIXの事業報告を中心に、その時期に即した特集テーマで国際交流事業等に関する情報を掲載していきます。78号の特集テーマは「災害時の多言語支援事業の現状」です。
 また「グローバル化」を意識したデザインを採用し、ビジュアルも新たにスタートします。
 今後も季刊で発行しますのでぜひご覧ください。次回発行予定は7月15日です。
  http://www.ofix.or.jp/info/mail/backnumber/index.html

  「平成28年度コミュニティ通訳ボランティア研修」の受講者を募集します。
講座名 平成28年度コミュニティ通訳ボランティア研修
概要 大阪府内に在住されている外国人の方々が、言葉の障壁を越えて安心して暮らせるように、外国人支援の一環として、外国語通訳ボランティアの人材の育成は不可欠です。外国人府民の方々の暮らしや外国人相談と密接に連携し活動するコミュニティ通訳ボランティアの育成を目的として研修を行います。
対象者 次の条件をすべて満たす方
① 日本語から外国語、外国語から日本語の通訳ができる方
② ボランティアとして活動したい方
③ 2日間をとおして、全ての講義に出席できる方
④ OFIXの語学ボランティアに登録いただける方
日程 平成28年6月7日(火)及び6月13日(月)10:00~16:05
場所 大阪市中央区本町橋2-5 マイドームおおさか 8階 第3会議室
募集定員 30名程度
※希望者多数の場合は、抽選となります。
※参加の可否については、平成28年5月30日(月)までにお知らせします
募集締切 平成28年5月18日(月)必着
※申込書を送付いただいてから7営業日以内に連絡がない場合は、申込書が到着していない可能性があります。必ずお問い合わせください。
参加費 無料
その他 その他、詳細については、募集要項(PDF)をご確認ください。
申込方法 申込書(PDF)(WORD)にご記入のうえ、E-mail、FAX又は郵送で、下記までお申し込みください。
〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-5 マイドームおおさか5階
(公財)大阪府国際交流財団 企画推進課 担当:吉川
Tel:06-6966-2400 Fax:06-6966-2401
E-mail info@ofix.or.jp


  「平成28年度語学ボランティア研修」の受講者を募集します。
講座名 平成28年度語学ボランティア研修
概要 「語学ボランティアを始めてみたい」「興味はあるけど不安がある」という方を対象に、初心者向けの研修を実施します。
この機会に語学ボランティア活動について、知りたいことや疑問に思うことを、聞いてみませんか?
対象者 次の条件をすべて満たす方
① 日本語と外国語で日常会話のできる方
② ボランティアとして活動したい方
③ OFIXの語学ボランティアに登録いただける方
日程 平成28年5月30日(月)14:00~16:30
場所 大阪市中央区本町橋2-5 マイドームおおさか 8階 第3会議室
募集定員 30名程度
※参加の可否については、平成28年5月18日(水)までにお知らせします。
募集締切 平成28年5月9日(月)必着
※申込書を送付いただいてから7営業日以内に連絡がない場合は、申込書が到着していない可能性があります。必ずお問い合わせください。
参加費 無料
その他 その他、詳細については、募集要項(PDF)をご確認ください。
申込方法 申込書(PDF)(WORD)にご記入のうえ、E-mail、FAX又は郵送で、下記までお申し込みください。
〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-5 マイドームおおさか5階
(公財)大阪府国際交流財団 企画推進課 担当:吉川
Tel:06-6966-2400 Fax:06-6966-2401
E-mail info@ofix.or.jp


  「外国人のための防災ガイド」(地震編)をご活用ください!
 大阪府国際課では、多言語(英日・中日・韓日版)による「外国人のための防災ガイド」(地震編)を作成しました。本冊子は在住外国人の方に直接利用いただく他、市町村等において在住外国人向けに防災ガイドを作成する際のモデル版として活用いただくよう作成したものです。
  下記からダウンロードしていただけます。
  http://www.ofix.or.jp/accept/earthquake.html

  平成28年度国際理解教育外国人サポーターを募集します。
■国際理解教育外国人サポーター派遣事業とは?
OFIXでは、留学生や外国人住民の方々を外国人サポーターとして登録し、府内の小学校、中学校、中等教育学校及び高等学校等が行う国際理解教育授業に派遣しています。母国の文化や歴史などの紹介、民族舞踊や楽器演奏、母国の遊びなどを通じてお互いに交流し、異文化理解を深めることを目的としています。あなたも外国人サポーターになりませんか。派遣1回あたり6,000円(交通費込)の謝礼金をお渡しします。なお、事業の実施例、派遣実績やサポーターの登録状況については下記「OFIX国際理解教育外国人サポーター派遣」のページをご覧ください。
詳しくはこちらhttp://www.ofix.or.jp/training/education/dispatch.html

■国際理解教育外国人サポーターになれるのは?
① 大阪府内に在住、在学、もしくは在勤の外国人の方
  * 在留資格によって資格外活動許可が必要
② 大阪府内の学校で母国について紹介したいと思っている方
③ 日本語で発表できるレベルの日本語能力を有する方(日本語能力試験N2以上)
詳しくはこちらhttp://www.ofix.or.jp/training/education/recruit.html

■申し込み・お問い合わせ
上記の条件を満たし、外国人サポーターになりたい方は申込書に記入し、FAX、またはメールで(公財)大阪府国際交流財団までお送りください。
外国人サポーター申込書はこちらWORDPDF

お問い合わせ先: (公財)大阪府国際交流財団
TEL:06-6941-2297  FAX:06-6966-2401
E-MAIL:info@ofix.or.jp
HP:http://www.ofix.or.jp/



  平成28年度 大阪府海外短期建築・芸術研修生招聘事業 (安藤プログラム)研修生募集のお知らせ
 OFIXでは、建築・芸術を専門としているアジア諸国の若者を大阪に招き、日本の建築や芸術等を学ぶ機会を提供することによって、日本文化等に対する理解と関心を深めてもらうとともに、母国の建築・芸術の発展に寄与してもらうことを目的とし、平成28度大阪府海外短期建築・芸術研修生招聘事業研修生を募集します。
研修期間 平成28年9月23日(金)~10月20日(木)(28日間)
応募人数 8名
応募資格 次の(1)~(4)すべての条件を満たす者
(1)・建築関連分野を専攻する修士、博士課程にある者又はそれらを
   修了した者、あるいは
  ・建築関連分野を専攻する学士号を取得した者で、建築関連分野での
   職務に就いている者
(2) 英語で建築に関する会話が可能な者
 (目安としてTOEIC800点以上もしくは同等のレベル)
(3) 応募時点で35歳以下の者
(4) アジア諸国にお住まいのアジア国籍を有する者
 (ただし、応募時点で日本在留の者、又は日本国籍を有する者は除く。)
応募締切 平成28年5月16日(月) (必着)

 募集情報の詳細はこちらからご確認ください。

問合せ先
 (公財)大阪府国際交流財団 企画推進課
  TEL:06-6966-2400 FAX:06-6966-2401
  E-mail Andoprogram@ofix.or.jp



 独立行政法人 国際協力機構(JICA)
平成28年度JICAボランティア春募集のお知らせ
 独立行政法人 国際協力機構(JICA)では、開発途上国からの要請に基づき、それに見合った技術・知識・経験を有し、「開発途上国の人々のために生かしたい」と望む方を派遣するJICAボランティア事業を実施しています。JICAボランティアの活動分野は農林水産、保健衛生、教育文化、スポーツ、計画・行政など多岐にわたり、自分の持っている知識、技術、経験などを生かせるのが特徴です(派遣期間は原則2年間)。
■応募資格
・青年海外協力隊、日系社会青年ボランティア
 満20歳から満39歳(2016年5月9日時点)の日本国籍を持つ方
 詳しくはこちらhttp://www.jica.go.jp/volunteer/application/seinen/
・シニア海外ボランティア、日系シニアボランティア
 満40歳から満69歳(2016年5月9日時点)の日本国籍を持つ方
 詳しくはこちらhttp://www.jica.go.jp/volunteer/application/senior/

■募集期間
2016年4月1日(金)~2016年5月9日(月)〔消印有効〕
各地で説明会開催! 関西での日程・会場の詳細はこちら
http://www.jica.go.jp/volunteer/seminar/kansai/

お問い合わせ先:JICA関西 ボランティア担当 TEL 078-261-0341
        JICA国際協力推進員(OFIX内) TEL 06-6966-2400
JICAホームページアドレス:http://www.jica.go.jp/